新型コロナウイルス スイスで何が起こったか③ロックダウンへ

Swiss News

株式市場が全面安

3月12日(木)感染者852人 死亡6人

株式市場は再び全面安に。SMIが前日比9.64%下落しました

チューリヒにあるスイス証券取引所

連邦工科大学チューリヒ校、ローザンヌ校は、来週月曜から春学期終了まで、キャンパスでの講義を中止することを決めました

ETH Zürich, Zentrum, Hauptgebäude HG, Haupteingang, Rämistrasse

スイスと国境を接するフランスのマクロン大統領はこの日午後8時、全ての学校を休校にすると発表しました。ベルギーも休校を発表します。

Adresse aux Français

ティチーノ州が休校を発表

3月13日(金) 感染者1192人 死亡7人

国内では感染者が1000人を超えました。イタリアでは死者が1000人を超えます。

連邦国防省はこの日、病院の報告体制を変えたと発表します

病院は今後、コロナ対応ができる救急ベッドの利用可能数を毎日、国に報告することが義務付けられました。医療機関がパンクすることを未然に防ぐためです。

同省によると、国内には認可を受けた集中治療室が82か所あり、利用可能なベッド数は950〜1000床、そのうち800〜850床が人工呼吸器付きです。

イタリアと国境を接する南部ティチーノ州は、幼稚園を含む義務教育の学校を来週月曜からすべて休校にすると発表。私立学校・義務教育以外の学校だけだった休校措置を拡大したのです。

義務教育を対象から外していたのは、祖父母が子供の世話に呼ばれるのを防ぐため。なので共働きで自宅保育の手段が取れない親のために、学校に保育サービスを設ける配慮も加えました。

ティチーノ州に続き、フリブール州が4月30日まで学校を休校にすると発表。50人以上のイベントも禁止しました。フランス語圏のヴォー州も4月末までの休校、50人を超えるイベントの禁止を決めます。

フリブールの街。ここは公用語がドイツ語とフランス語の2つ Image by athree23 from Pixabay

国境関連では、オーストリアスイスに対する入国検査を再開することを決めます。スイスへのフライトも禁止し、日用品や薬局以外の店の営業を停止します。

 

国も学校の一律休校へ

連邦内閣は午後3時半に会見を開き、以下の措置を新たに発表しました。

  • 全国の学校、大学、その他の教育機関を4月4日まで休校にする。すでに予定されている試験は感染予防対策を講じれば実施できる。祖父母が子供の世話に呼ばれるのを防ぐため、学校には保育サービスを設けても良い
  • イタリアからスイスへの入国は国民、滞在許可証保持者、仕事上の理由がある人に限る。トランジット、物流は可能
  • シェンゲン域内の入国検査を状況に応じて実施
  • イベントの人数制限を「1000人超」から「100人以上」とさらに厳しくする。博物館、スポーツ施設、プール、スキー場を対象に含む。ただし州が例外措置を規定できる(4月30日まで)
  • バー、レストラン、ディスコは最大50人までとする

13.03.2020 – BR Sommaruga, Berset, Parmelin, Keller-Sutter zu: Coronavirus (COVID-19)

緊急経済対策は、短時間勤務補償制度に80億フラン、企業に対するつなぎ融資などの経済支援に最大10億フラン、財政難の中小企業に対する政府保証融資に最大5億8000万フランが盛り込まれました。スポーツ分野の任意団体には最高5000万フランの補助金制度を設け、無利子のローンなどを可能にしました(1フラン=110円)。

生活に大きな影響を及ぼす政策を国民に強いることについて、シモネッタ・ソマルーガ連邦大統領は会見で「内閣が決定した措置は非常に厳しいもの。だが全員が一丸となって同じ方向に進んでいくことが必要」と強調しました。

この日の会見は1時間半に及び、過去最長を記録しました。

内閣が決定した措置は非常に厳しいもの。だが全員が一丸となって同じ方向に進んでいくことが必要

シモネッタ・ソマルーガ大統領、会見で

検査は1日2000件

会見では検査件数も話題に挙がります。保健庁のダニエル・コッホ氏は「スイスでは1日2000件を検査している。おそらく欧州で最も検査件数が多い国だろう」と回答しました。

スイス連邦鉄道(SBB)は4月26日まで観光列車、団体旅行を運休することを決めます。

グラウビュンデン州ではスキー場の閉鎖、50人超のイベントの禁止など、国よりも踏み込んだ措置を発表しました。

バーゼルシュタット準州は14日以降、全ての美術館・博物館を閉め、保育園も営業停止にします。

米国が国家緊急事態宣言を発令したのもこの日です。

コメント