新型コロナウイルス スイスで何が起こったか⑪ロックダウン緩和始まる

Swiss News

コロナ途上国支援に4億フラン

4月30日(木)感染者2万9505人 死亡1756人

イグナツィオ・カシス外相が朝会見し、コロナの影響を受けている途上国支援に4億フランを拠出する、と発表します。

スイス、新型コロナで400億円超の国際援助
スイス連邦政府は30日、新型コロナウイルスの影響が出ている開発途上国に対し、4億フラン(約440億円)の財政支援を行う計画を発表した。

ここぞで国際協力をアピールするスイスらしい外交戦略です。

30.04.2020 – Medienkonferenz des BR

スイス保健庁はこの日、感染予防策のポスターを刷新。なぜかどぎついピンク色に(笑)ロックダウン緩和中に合わせ、マスク着用推奨のロゴを追加しました。

各州の学校再開はどうなる?

前日に休校解除が正式に発表されたことを受け、各州が再開の方針を決めます。ですが感染者の深刻な西部とそうでない地域の温度差がやはり出ました。感染状況が深刻なはずのティチーノ州が通常再開を決めたことはやや意外です。

アールガウ州→11日から全面再開
・バーゼル・シュタット準州→11日から全面再開
・ヴァレー州→最初の1週間は半数のクラスで授業を行う
ベルン州→最初の2日間は半数のクラスで授業を行う
・フリブール州→最初の2週間は半数のクラスで授業
・チューリヒ州(感染者多)→クラスは最大15人のグループに分けて再開。通常に戻るのは6月8日の第3弾ロックダウン緩和以降
・ティチーノ州(感染者深刻)→11日から通常再開
・ヴォー州(感染者深刻)→対面授業は8月から再開
またこの日、スイス連邦鉄道とスイス郵便が郊外・田舎で運行するポストバスが揃って会見し、5月11日から通常ダイヤに戻すと発表します。
 
肝心のマスク着用は義務付けこそしませんでしたが、混雑時で2メートルの距離を保てない場合は「強く推奨」する、とほぼ必須のニュアンスで呼び掛けました。会社側は車両の消毒作業を強化し、感染防止に努めるといいます。
 
チューリヒ州では3月13日から続いていた高齢者施設への訪問禁止措置が解かれ、プラスチック板を隔てた面会ができるようになりました。
 
また、アッペンツェル・インナーローデン準州で毎年4月末に行われているランツゲマインデ(青空議会)は8月23日に延期されました。1千人超の集会が禁止されているためです。

ランツゲマインデは住民が野外広場に集まり、挙手で投票するという昔ながらの手法で行われる議会です。観光名物にもなっています。

また4月初めから禁止されていた国民発議の署名集めも6月1日から再開していいことになりました。

5月1日(金)感染者2万9588人 死亡1772人

この日の会見では、再び「子供からウイルスがうつらないのか?」という質問がでます。これに対し、スイスcovid-19科学タスクフォースのマティアス・エッガー代表は、子供たちがウイルスを媒介しないとは100%断言できないが、成人よりも感染しにくいと説明します。

エッガー氏は、ある家族の子供がコロナに感染するリスクは、成人の約3分の1だといい、感染したとしても軽症ですむため、せきをしてウイルスを拡散する頻度は低くなると述べました。

保健庁のダニエル・コッホ氏は、ウイルスが学校で拡散したケースはないと答えました。

01.05.2020 – Point de Presse Coronavirus

住民全員に商品券

スイス公共放送(SRF)によると、スイス南部ヴァレー州にある人口7千人の町バニェで、住民1人に120フラン(約1万3千円)の商品券が配られる事になりました。

新型コロナウイルスに伴うロックダウンで冷え込んだ地域経済を盛り返そうという狙いです。このためバウチャーは地元のお店でしか使えないようにしました。詳しい配布時期はまだ未定だそうです。

5月1日はメーデーで、毎年各地でデモが行われますが、今年はコロナウイルスで5人超の集まり、大型イベントが禁止されているため、全て中止に。ただバーゼルやチューリヒでは一部の人達がそうしたルールを無視してデモを強行しました。

Tag der Arbeit – Polizei toleriert mehrere hundert Demonstranten in Basel
Zum ersten Mal seit 130 Jahren gibt es keine 1.-Mai-Kundgebungen. Gewerkschaften und die SP feiern online, Bundesräte halten Abstand. In Basel wird das Versamml...

スペインでは今週末から7週間ぶりに外出が許されることになります。

>>⑫へ続く

コメント